−認定NPO法人−
たすけあいの会ふきのとう

《ふきのとうの活動》

たすけあい活動
喫茶 欅
喫茶 ふうちゃん
介護保険事業
障害福祉サービス事業 
通所介護事業所
小規模多機能型
居宅介護事業所

みんなの家ぱお
運営推進会議

運営推進会議報告書

みんなの家さら
運営推進会議

運営推進会議報告書

 《ふきのとうについて》

はじまり・趣旨
会の概況

利用したいと思ったら
協力したいと思ったら

個人情報利用の目的
(居宅介護支援事業)
個人情報利用の目的
(訪問介護事業)
個人情報利用の目的
(障害者支援部門)
●個人情報保護●
についての方針

−認定NPO法人−
たすけあいの会ふきのとう

 

 

 

たすけあい活動

ふきのとうのたすけあい活動は有償の活動です。

有償にすることで
たすけあいが対等な関係で成り立つと考えるからです。

生活支援を必要とされている方が
自分の希望、要望を遠慮なく発することのできる関係のための
有償です。

お金はそのためのもので
労働の対価として考えてはいません。
お手伝いするヘルパーは、ボランティアの気持ちで関わります。

料金は1時間につき1080円(80円は消費税)。
そのうち800円が謝礼として活動した協力者(ヘルパー)に
渡され、200円がふきのとうの運営費になります。

 在宅福祉サービス 

 赤ちゃんから高齢者まで、対象者を限定せず
 その人らしい暮らし、当たり前の生活への支援を行っています。

〜こんなお手伝いをしています。〜

   ○高齢者家庭の家事援助・通院介助などの生活支援
   ○簡単な介護(おむつ交換・清拭・洗髪など)
   ○独居や日中一人きりの高齢者の話し相手、外出の付き添い
   ○産前産後の家事援助や保育援助
   ○急な怪我や病気のときの家事援助
   ○見守りが必要な方のいらっしゃる家族への支援

そのほか、普段の暮らしの中でちょっと助けが必要になったとき、
相談に応じます。

 国立療養所で療養中の難病患者さんたちの外出介助 

 ふきのとう事務局の近隣にある国立療養所下志津病院で
  療養生活を送っている方々の外出・散歩等の介助をしています。
 病院主体で組織されているボランティア活動に参加、協力する一方で、
  患者さん個々の依頼に応じたお手伝いをさせていただいています。

〜こんなお手伝いをしています。〜

   ○外出介助・通院介助(車椅子を押したり、買い物の手伝いをします。)
   ○散歩の付き添い
   ○散髪の介助       などです。

 療養所の患者さんたちの生活を、入院生活というより、
  むしろ、地域での暮らしそのものと捉え、
 上記の在宅福祉サービスと同じ考えに基づき活動しています。

 そして、車椅子生活者がまちに慣れ、「まち」が慣れる。
 そんなやさしいまちづくりへ、つないでいきます。

 医院での待合室ボランティア 

 *人とのかかわりが、時には投薬よりもよい効果を生むことがある。*

 こうお考えの先生とふきのとうの姿勢がうまくマッチングして
  このボランティアが生まれました。
 まちの医院の待合室をより居心地のいい
  安心できる場所にするお手伝いをしています。

 


このページのトップへ